​【資料】

弊社は「アルテ日本語入力」というAndroid用の文字入力アプリを大学・高専・高校および特別支援学校に無償提供を行っています。

※アルテ日本語入力には「アルテ日本語入力キーボード」(通常版) と「アルテ日本語入力 先行版」(高機能版)があります。

P1

無償提供の対象者を学生と判別するために、位置情報で、本人の現在地と在籍学校の所在地を照合する方法を採用しています。これによりユーザーの在籍学校名と学校所在地の情報を取得しています。

P2

P2

学生認証のデータでは、大学では東京大学での認証が最多で、高校では偏差値65台の学校が最多でした。

P3

近年の傾向として、スマートフォンの教育活用が進み、学生の文字入力の負担は増えてきています。

P4

これからはスマートフォンの文字入力を効率的にこなせた方が有利になります。

アルテ日本語入力は、学習に適した機能の強化に取り組むと共に、根本的に文字入力の負担を軽減する、低負荷・高効率の、新しい入力方法*を搭載しています。

またAndroid端末では「乙巳の変(いっしのへん)」など、授業で使う語彙も変換できないケースが少なくありません。アルテ日本語入力では、こうした変換機能も含め、学習に相応しい機能を追求しています。

新しい入力方法

* 詳しくはこちらをご覧ください https://www.keyboard-arte.com/release 

* 文春オンラインでも「ダントツに速い入力方法」としてご紹介いただいています。

P5

以下はTwitterから収集したアルテ日本語入力への感想(一部)です。

P6

ご協力のお願い

今後、学生無償化のあり方を見直し、高機能版*相当を『教育事業者様の学生支援として無償提供する』という形態にできればと考えています。そこで誠に恐れ入りますが、武田塾様のご協力を賜われますと大変有り難く存じます。

P7

新時代のノベルティとして

文字入力アプリは現代の筆記具です。ペン等をノベルティとして配布するケースはよくありますが、同様に文字入力アプリを武田塾様の(学生支援を兼ねた)ノベルティとして、ご検討いただけますと幸いです。

① アプリ提供のご協力・ご支援を、メニューパネルや設定画面のバナー等で表示できます。

P8

② キーボード上部に独自のアイコンを設置し、独自メニューを展開することもできます。また通常のメニューパネルにも任意の項目を追加することができます。

P9

③ 独自メニューを学習や受験に役立つ学習に特化した専用メニューとすることや、勉学に役立つWebにリンクしたバナーを設けることもできます。

P10

④ ネット検索時にキーボード上部に広告枠を出現させることも可能です。また受験や学習に役立つ情報を表示することで、暇つぶしのネットサーフィンから勉強に意識を戻す効果も期待できます。

P11

⑤ アプリストアでの検索時にキーボード上部にお勧めアプリを提示することもできます。

アルテ日本語入力の取り組みについては以上となります。

P12

アプリ「√武田塾」にアカウント登録したユーザーだけを対象として、アルテ日本語入力に機能上の特典を付与することが可能です。(「√武田塾」のアプリのプログラムを変更していただく必要は一切ございません)

また、学生認証は学校に赴いて認証する必要があるので、特に長期休暇の期間は認証を行いにくくなりますが、アカウント登録して「√武田塾」で日本語入力欄にタッチする所定の操作を行うことで、一定期間先行的に無償化できる仕組みにすることも可能です。​

P11

P13

以上のように、文字入力アプリには従来のノベルティとは異る様々な特製があり、これまでには出来なかった情報発信を行うことができると考えます。

P14

P15

P15

その他

大学生にも学生認証を適用すれば、特定の難関大学の学生様に対してだけ、講師募集の広報を行うといったこともできます

学生認証は位置情報を利用していますので、地域で違う内容の情報を掲載することも可能です

一般ユーザーに対しては一般的な広告バナーを表示していますが、このバナーにも一般広告と切替えで、ご希望の広報を掲載させていたくことも可能です。

受験勉強用のアプリの場合は、受験後には使用終了となり、一旦獲得したユーザーも去ってゆきます。そのため獲得したユーザーが累積して増えることはありません。一方、文字入力アプリの場合、進学してからも、社会人になってからも「使い終り」がないため、ユーザーは累積して増えてゆきます。
そのため、長期的には大学生や社会人にもPRできる範囲が拡大します。当面のことではございませんが、A.ver様の関連事業者様・提携事業者様等で、そのPR枠を有効活用できる可能性もあると考えます。

また、長期的にはアルテ日本語入力のiOS版の制作も実現したいと考えています。

​資料は以上となります。

コロナの影響下では、”人の集まる場所で、グッズやチラシを手渡しで” ということが難しくなっています。ノベルティも、これまでと同等の配布が難しくなってゆくことが予想されます。

一方、文字入力アプリの場合はオンラインで配布できます。そして短命なグッズやチラシと異なり、ユーザーに伝えたい情報を、長期間、何度でも届けられる媒体(メディア)になります。

またICT活用としても、感染対策としても、"教室でプリントを配り、書かせて回収する という作業が減り、オンラインで書かせるケースが増えてゆきます。高校以上の場合は、BYODで個人所持のスマートフォンを活用することが多いので、学生の入力負担は増えてゆきます。

eポートフォリオの例では200文字以上の入力が求められることもあり、スピーディーに入力できなければそれだけ時間を無駄にします。

 

また、電車を待っている間などのスキマ時間で入力が済むのと、入力が終わらずに次のスキマ時間に持ち越すのとでは、効率も負担も大きく異なります。

アルテ日本語入力は、何かを犠牲にして時間を捻出するのと違い、入力を快適化することで時間効率を高めます。大学受験という人一倍の勉強しなければならない時期に、受験生にとって有益なツールとなると考えます。

ぜひ学生の皆様への勉学支援の一環として、本アプリの提供にご協力を賜われますと幸いに存じます。

また現在、高大接続やICT活用など、様々な改革が押し進められ、9月授業開始の論議も始まっています。学生の方一人一人にとりましても、教育分野に携わる皆様におかれましても、これからは予測が難しい、変化の激しい時代になると考えます。この度のご提案は類例のないことかと存じますが、これからの時代に向けての布石の1つとなればと考えます。とりあえずのヒアリングということでも、詳しくご説明をさせていただく機会を賜われますと大変有り難く存じます。

 

恐れ入りますが、もし少しでもご関心をお持ちいただける点がございましたら、ご返信をいただけますと幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 合同会社 Umineko Design
 中川圭司

 umineko.design@gmail.com

 https://www.keyboard-arte.com

 教育に携わる皆様に せひ開発の趣旨をご覧いただけますと幸いです